工程・品質の徹底管理

こだわりが詰まった、独自の生産管理システム

受注・発注・販売・工程管理ができるシステムを独自に開発。
お客様毎の仕様(材料・温度・加工方法など)や製造工程・梱包方法(仕切りの位置や並べ方)まで全て記録。

お取引先からリピートが入った時に、いつでも同じ状態で提供ができる準備があります。

生産管理システムのオペレーション

徹底した品質検査体制

東伸では、『安定的な品質』を担保する為に、検査専任担当の社内認定資格制度を設けています。

検査のプロフェッショナルとして、品質管理・加工技法・工程把握等様々な項目を満たした者だけが検査を手掛けています。

加えて、【①受入検査】⇒【②工程内検査】⇒【③最終検査】 の大きく3ステップの検査を行う事で、不良率を1/400以下に保っています。

品質検査

※安定品質の製品をお届けする、東伸の検査体制※

① 受入検査

本検査は、「外注加工品」「校正」「検査外注」「顧客支給品」に適用しています。
検査要領は、「QC工程表」に従って検査しています。

② 工程内検査

本検査は、弊社にて製造する「半加工品」「完成品」に適用しており、「加工図面」・「QC工程表」に基づいて行っています。
作業前・加工工程内・作業完了時の3段階の検査を行い、不良が発生した場合は、「識別及びトレーサビリティ」「不適合製品の管理」といった規制に基づき対応しています。

③ 最終検査

本検査は、梱包前の「最終加工製品」に適用しています。
内容明示票により全ての工程内検査が正しく行われ、また検査・試験に合格している事を確認し、「工程内チェックシート」及び「内容明示票」にて最終検査を実施しています。
尚、お客様より検査成績表の提出を要求された場合は提出も行っています。

ISOの認証取得

ISO9001.14001を取得。
品質・環境の認証を取得し、上記の管理体制を万全にしています。

ISO認証ページへ